下宿の部屋を自分で見つけて学ぶ

下宿と言う部屋探しの物件もありますが、下宿先を自分で探すことも現代ではインターネットや色々な事で可能になってきました。
昔は下宿と言うと書生さんが民家の一角を借りて勉強に勤しんでいたようですし、そのような事を題材とした小説もありますが、それは今も同じことが言えると思います。
ホームステイとは言いますが、ホームステイも言わば海外での下宿ですよね、日本の下宿は親戚の方の家や、知人の家の一角に住まわせてもらって勉強するという色々な意味で自立した生活が待っていると思いますが、人と人との触れ合いも持てますよね?そして見知らぬ家に下宿する事もあると思いますが、色々と気を配る事や自分は下宿しているという真面目な意識なども働くと思いますし、ある意味人生勉強の一つですよね。
下宿の部屋探しをしてみると色々と知識も持てますし、自分で下宿先を探すことも大切ですよね、それも自立への一歩ですし、学生マンションや、学生アパートは自由にできる事も多いですが、下宿では小さくなることはないですが、親元にいた頃にあったいらいらや、ストレスで怒鳴ったり、文句を言うこともできない現実がありますけど、それは我慢させられるという方もいると思いますが、耐える事でもあるという人生経験の一つですし、下宿は良いですね、色々な意味で良いと思いますし、気を遣ったり、気を配ったりする事も大人への一歩ですし、対人関係を自分からも築いていかなくてはならないという色々な意味もありますし、苦労は財産ですから、簡単に楽に出来る事より、耐え忍ぶとも言いますが、そこまではいかなくても何かを我慢する事は人を成長させますし、それは学生さんでも同じです。
いじめや、差別や、侮辱される事を耐える事はないですし、それはすぐにそこから離れたほうが良いと思いますが、下宿先での生活も段々と慣れていくうちにわかる事も、変わる事もあると思います。
学校での友達付き合いとは違う、親戚の方達や、知人の方達、見知らぬ方達とのふれあいで、変わる思いもたくさんあると思いますけど、今の下宿はインターネットからでも探せますが、やはり昔ながらの下宿が人を成長させるという意味では良いのかなと思いますし、何にしても、自分の家ではトイレに行く時も、ご飯を食べる時も、お風呂に入るときも気を使う事はなかったと思いますが、下宿先ではその苦労を経験できますし、下宿後は仕事をしたいと考えている方は、仕事ではどうしてもそのような付き合いがでてくるので、色々な意味で良いと思います、とても良い経験ができると思います。
ですが、下宿先の方達が冷たかったり、酷かったりした場合は迷わず帰りましょう、それは安易と言う方もいると思いますが、選択肢は自由だという意味でもあるので、無理をしてまで耐える事はとてもよくないと思います。